法人設立と個人開業の違い(独立・開業の基礎知識)

法人設立と個人開業の違い

代理店募集ガイド
 独立・開業にあたっての基礎知識「法人設立と個人開業の違い」について。
 代理店募集ガイドは、販売代理店や取次店、フランチャイズ加盟店の募集一覧サイトです。ジャンル別に代理店募集している企業を検索可能です。独立、開業、起業への第一歩です。

代理店募集の登録数:392

 

 

 
代理店募集ガイド > 法人設立と個人開業の違い

法人設立と個人開業の違い

 
 独立・開業をする際には、個人事業として開業するのか法人を設立するのか選ぶ事が出来ます。しかし、この2つの違いをご存知でしょうか。それぞれの違いなどについて考えてみましょう。

 まず、個人と法人の法的な違いからご説明したいと思います。個人事業とは、個人が中心となって自己責任で事業を行い、全ての責任を事業主が負う事になります。法人の場合は、個人とは切り離して、法人格という人間以外が法律上の権利主体を認められたものが責任を負います。具体的な例として、独立・開業にあたって銀行などに借り入れを行ったとしましょう。個人事業の場合は、全ての責任を事業主が負っているので、万が一お金が返済できなくなった際には、個人の財産を売ってでも返済をする義務があります。法人の場合は、事業主本人ではなく、法人全体の借入となるので、返済できなくなった時でも、事業主本人の財産を売って返済しなくてはならないという事にはならず、法人の財産で返済する事となるのです。

 ここまで見ると、法人の方がメリットが多いような気もします。しかし、法人のデメリットとしては、初期費用が高い事が挙げられます。個人事業の場合は開業届などを提出すれば、すぐに会社を始める事が出来るのですが、法人の場合では定款作成や、定款認証、登記登録等を行う必要があるので費用としては25万から30万円は最低限必要となります。また、会計処理や事務処理などが複雑で、プロの会計士や税理士を雇う必要もあります。

 このように、個人・法人ともにメリット、デメリットがあるので自分にはどちらがあっているのか今後のビジョンをよく考えた上での検討が必要でしょう。

 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 
 
 

フランチャイズ募集情報

フランチャイズ100

フランチャイズ100は、様々な業種のフランチャイズ・独立開業の加盟店募集一覧をはじめとした、フランチャイズ総合情報サイトです。独立・開業・起業をお考えになるならフランチャイズは効率的です。
 

代理店募集業種一覧

電話回線・ブロードバンド回線

インターネット回線(18)
電話回線(8)
携帯電話・スマートフォン(26)

インターネット・パソコン

ホームページ・ブログ(27)
インターネットマーケティング(27)
パソコン・ソフト・タブレット(14)
インターネットサービス(8)

飲食・グルメ

食料品(0)
飲料品(23)

生活・暮らし

家具・インテリア(6)
修理・リフォーム(2)
レンタル・リース(1)
ペット(7)
サービス(11)
学習・教育(2)

住宅・建築・不動産

不動産(2)
住環境(15)
環境対策・発電(45)
防犯・セキュリティ(6)

美容・健康

美容(15)
健康(3)

金融・保険

保険(47)
クレジット・ローン(1)

医療・福祉・介護

医療(4)
介護(0)
福祉(0)

車両・運搬

自動車(12)
バイク・オートバイ(3)
自転車(6)

ビジネス・サービス

機器工事・設備工事(4)
オフィス(19)
システム・決済・管理(14)
広告・宣伝(10)
 

独立・開業の基礎知識

起業家として独立・開業
独立・開業のメリット
独立・開業のデメリット
独立・開業の決意
独立・開業の準備
ビジネスパートナーの必要性
法人設立と個人開業の違い
 
 
 
 
 
代理店募集ガイドについて
・代理店募集ガイドは、代理店、取次店、販売パートナーにおける募集情報の提供を目的としています。代理店募集のご利用及び比較等はご利用者自身の判断でお願い致します。
・掲載されている代理店募集の情報については万全を期しておりますが、サイト内情報及び結果に対しての責任は負いかねます。

ZETTA SEGMENT

代理店募集ガイド

代理店募集ガイドは、販売代理店や取次店、フランチャイズ加盟店の募集一覧サイトです。
運営組織概要 免責事項
 
 

Copyright (C) 2012-2016 代理店募集ガイド All rights reserved.